サイトメニュー

セロトニンで脳を活性化

女性

性格によって病気になる

うつ病は現在、15人に1人がかかってしまうといわれているほど、発症する人が増えています。実はうつ病には、かかりやすい人とかかりにくい人とがいます。それは性格によってかかりやすくなる人もいれば、環境の変化によってかかりやすくなる人もいます。かかりやすい性格とは一体どういうものなのかと言いますと、頑固で几帳面、ほかにも完璧主義、要領の悪い人などがあげられます。頑固で几帳面となれば、気を緩めることが許されず、自分だけでなく他の人まで気が緩むと、それだけでストレスに感じる人もいます。完璧主義も似たところがあり、周囲の期待に答えようとするあまりプレッシャーを感じて努力を重ねても報われなければ、大きなストレスを感じて精神的な負担を抱えてしまう可能性が高くなります。そして要領の悪い人は、他人から頼まれると断れない人や、どんなに嫌なことがあっても「自分が我慢すれば大丈夫」と我慢する人など、とにかく他人に対して上手に感情表現ができない人です。要領の悪い人はストレスを溜め込みやすく、その影響からうつ病になりやすいと考えられています。うつ病になってしまえば治療をしなければなかなか治すことができません。病院で治療を行う際は主に薬物療法となりますが、それだけではなく、ストレスを溜め込まないよう生活習慣の改善も必要になります。薬を服用しながら生活習慣を改善させることで、うつ病は徐々にその症状を軽減させて行くことができるようになり、普段の生活と精神を取り戻して行くこともできるようになります。うつ病になってしまった場合、病院で診てもらえば、必要なら治療が始められます。そこで処方される薬は抗うつ剤がほとんどです。その抗うつ剤はどのような薬なのかと言いますと、セロトニンを分泌させるものが多くあります。セロトニンとは脳内神経伝達物質の一種で、それが脳内に分泌されることで精神を安定させる効果を引き出します。しかしストレスを感じる機会が増えるようになれば、セロトニンの量は徐々に減少していきます。ストレスはセロトニンを少なくさせてしまう力があり、ストレスを感じれば感じるほど脳の落ち着きがなくなるのはそれが影響しています。うつ病はセロトニンが異常に少なくなっていることで発症するのではないかと、一部では考えられており、セロトニンを脳内に分泌させるための方法も研究されています。セロトニンは普段は太陽の光から得られます。光を浴びることで脳内に分泌され、のうがかっせいかされていきます。しかし室内にいる時間が多くなれば、セロトニンを分泌させられる力が減り、脳の活性が弱ってしまいます。うつ病になれば脳の働きが弱っているため、人工的に薬でセロトニンを分泌させるというわけです。しかしセロトニンは、分泌させすぎにも注意が必要です。太陽の光から分泌させるには問題はなく、分泌させすぎるということはありません。しかし人工的にはあり得るため、分泌させてしまった場合は足がムズムズするなど体に影響が出てきます。そのときは医師に相談し、抗うつ剤の処方を泊めてもらうのも、治すための方法となるため、どのような少女伊賀からだから感じ取れるのかはっきりと医師に伝えることがとても大切です。